モビットの金利は高い?

モビットの金利は高いのでしょうか。カードローンなど金融機関からお金を借りる際には必ず利息を支払うこととなります。そこでポイントとなるのが金利ですよね。モビットの金利は実質年率4.8%〜18.0%となっています。アコムが4.7%〜18.0%、プロミスが4.5%〜17.8%となっていますので、大手の消費者金融の金利としてはどこも同程度、ということがわかります。

 

しかし銀行カードローンと比べますと、三菱東京UFJ銀行カードローンが4.6%〜14.6%、みずほ銀行カードローンが4.0%〜14.0%というように、低いところはそう大きな差がないものの、高い所では4%程度も差があることがわかります。モビットは三井住友銀行グループのカードローンではありますが、三井住友銀行の提供するカードローンではありません。

 

モビットというカードローンは銀行から資金面でバックアップは受けているものの、その会社自体は消費者金融となります。ですから銀行グループだから低金利、といったことや、銀行傘下だから総量規制対象外!などといったことにはなりませんので借入の際にはその点を注意して下さい。

 

そうなりますと、モビットの金利はやはり高いのか…となってしまうと思います。確かに、4.8%〜18.0%と金利帯を設定しているとはいえ、この4.8%という金利が適用されるケースというのは限度額いっぱいの500万円まで借りた方くらいなものですし、そもそも総量規制で年収の3分の1を超える借入れはできないと定められています。そして一般的に、100万円未満の新規の借入の場合に適用されるのは、ほとんどの場合上限金利の18.0%です。

 

ではこの18.0%というのはほんとうに高いのでしょうか?確かに、銀行カードローンと比べると高いなあという印象を受けますが、実際にどのくらい利息に差が出るのでしょう。例えば20万円を4ヶ月で返済する、という場合、14.6%で借りるのと18.0%で借りるのにはいくらの差がでるのか。

 

まず14.6%の場合ですと、20万円×14.6%÷365日×120日=9,600円が支払うこととなる利息になります。対して18.0%だと、20万円×18.0%÷365日×120日=11,835円が利息です。利息の差は、2,235円となります。確かに18.0%のほうが高くはなりますね。ですが驚くほど高くなるというわけでもありません。

 

利息は返済期間が長くなればなるほど大きくふくれあがります。ですから、小額で短期の借入の場合には、金利による利息の差というのはそれほど大きなものにはならないのです。また普通に返済をするだけでなく、余裕のあるときに繰上返済をしていけば元金をダイレクトに減らしていくことができますから、それをしていけば多少金利が高くても支払うこととなる利息も少なくすることが可能です。

 

消費者金融など貸金業者の金利は確かに比較的高いです。ですが審査の早さや融資の早さなど、他に利点もたくさんありますし、先に挙げたように繰上返済によってある程度リカバリーできる所でもあります。高額で長期の借入の場合にはもっと低金利な所で検討した方がいいのかもしれませんが、そうでないのであればモビットは審査の早さや融資スピードなどをみてもおススメのカードローンです。