モビットの審査は厳しい?

モビットの審査は厳しいのでしょうか?銀行カードローンと比べると審査は通りやすい、と言われる消費者金融のカードローンですが、モビットは三井住友銀行グループのカードローンになりますよね。銀行系になりますと、やはり審査もそれなりに厳しくなっているのでしょうか。

 

モビットは銀行のグループ傘下ではありますが、銀行本体が提供しているカードローンではありません。銀行カードローンになりますと低金利なものが多く、上限金利も14%台など低めな設定になっています。金利が低いローンというのはその分利息収入も少なくなりますので、もし返済に行き詰まってかしたお金が返ってこない、となったときにはその少ない利息収入で補って行かなくてはなりません。

 

そのため、お金を貸す際にはきちんと返済してくれる人かどうか?というところを慎重に判断する必要があり、金利が低い銀行ローンというのは審査が厳しくなるのです。銀行カードローンではないモビットは、銀行系とはいえ審査は銀行カードローンほど厳しくはならないのです。

 

またモビットの口コミをみてみますと特に審査が厳しいといった書き込みが目立つようなことはありませんので、審査の厳しさとしては他の大手と同等、と思っておいていいのではないでしょうか。

 

審査の通りやすさを計る目安として一つ上げられるのが、審査通過率です。これは、申込者に対する成約数の割合を算出したもので、大手の消費者金融のうち何社かはこれを公表しています。2013年のデータにはなりますが、審査通過率1位はアコムで、5割に迫る通過率となっていました。これにアイフル、プロミス、レイクと続くわけですが、かんじんのモビットは?というとモビットは審査通過率を公表していません。

 

ただしサービスの利便性や審査スピードを追求している面などをみますと、貸したお金が返ってこない、いわゆる貸し倒れのリスクは他社と比較して高めと推測されますから、そうなりますと審査通過率もアコムほど高いことはないだろうと考えられます。ただし、審査通過率はイコール審査の通りやすさというわけでもなく、たまたまその会社に審査に通りやすい属性の方が集まっていた、などということもあり得るわけなので、参考程度のデータにはなります。

 

以上のようなことから、モビットのカードローンの審査の厳しさは他の大手消費者金融とそれほど大きく差はないだろうものの、甘いというわけではなさそう、ということがわかるかと思います。