モビットとバンクイック、選ぶならどちらがいいのか、その違いは?

モビットとバンクイック、二つのカードローンはカタカナでなんだか名前も似た印象がありますが、選ぶのならどちらを選んだ方がいいのでしょうか?まず単純に金利などの条件で比べてみますと、モビットは金利4.8%〜18.0%で限度額は500万円、審査スピードは最短30分です。一方のバンクイックは4.6%〜14.6%で限度額は500万円の審査スピードはこちらも最短30分です。

 

金利はバンクイックの方がとくに上限金利が低金利なものの、あとの条件は見た目ほぼ大きな差がないように思えるこの二つのカードローンですが、決定的に大きな違いがあります。それは、業種の違いと適用される法律の違いです。

 

まず、モビットの方は三井住友銀行グループのカードローンではありますが、モビットという会社自体は消費者金融になります。一方のバンクイックはといいますと、こちらは三菱東京UFJ銀行カードローンということで三菱東京UFJ銀行が直接運営しているカードローンです。「カードローン」という括りは同じものの、モビットの方は貸金業法下になり、バンクイックは銀行法下になります。

 

法律が違うとどういう違いがでてくるのか、もっとも代表的なものは総量規制でしょう。総量規制は貸金業法に定められている、個人の借入総額は年収の3分の1までに制限されますよ、というルールのことですが、モビットの場合にはこれが適用されますので、限度額最高500万円としていても、年収が450万円の方でしたら最高でも150万円までしか借りられない、ということになります。

 

また金利も低い部分に差がないため一見そう大きな差がないように見えますが、実際にお金を借りる際、新規で借りる方ですと多くのの方が50万円以下での借入となります。そして、50万円以下の借入の場合、そのほとんどは上限金利いっぱいの貸付け利率となります。つまり、新規でお金を借りるとしたら、ほとんどの方は50万円以下でモビットなら18%、バンクイックなら14.6%という貸付け利率となるわけです。こうしてみると、金利差がけっこうありますよね。

 

審査に関しては、両者とも最短30分とはしていますが、実際にはモビットの方が早い傾向となるでしょう。金利と審査の厳しさは反比例の性質がありますので、低金利であれば審査は厳しく、金利が高ければ審査は甘い傾向があるのです。そのため、低金利なバンクイックの方が審査が慎重で時間がかかる可能性があります。バンクイックは銀行カードローンのなかでは審査スピードが早いほうではありますが、モビットの審査スピードは口コミでも評判ですので融資を急いでいるのであればモビットの方が有利かもしれません。

 

モビットとバンクイック、単純な条件だけ比べてみると似ているようなカードローンですが、このように大きく違いがありますので、カードローン選びの際には注意しましょう。